オンラインカジノの注意点

税金がかかる

オンラインカジノを利用していて意外と知られていないものとしてオンラインカジノと言うのは税金がかかると言う点です。オンラインカジノをプレイをしていてそれなりに勝ちが出てきたら税金を納めなくてはいけなくなります。

もちろんこの税金を納めるというものですが、あくまで出金をしてしまった場合です。出金をしてしまったら銀行などに振り込まれるので記載として残りますよね。

そうなると履歴として残ってしまいます。

そもそもパチンコや競馬と行ったギャンブルなども税金がかかります。一時所得と呼ばれるものです。オンラインカジノもこの部類に当てはまります。

ギャンブルで稼いだ収入の金額から、これまでに使った金額や、経費を差し引いた金額が50万円を超える場合は一時所得になり申告の義務が生じます。

しかし、パチンコや競馬と言うのはその場で換金されてしまうので記録して残りません。それこそ街を歩いていて1万円を拾ったからといって税金は発生しませんよね。

オンラインカジノでは記帳されてしまい記録に残るので税金が取られてしまうのです。

アメリカのラスベガスなどでは高額出金の際は税金を差し引いた状態でお金を渡されますが、オンラインカジノの場合は惹かれません。

よく勘違いしているのがネット上のものはバレないから隠しておこうとか申告しないでおこうとしますが、そういった考えは止めたほうが良いです。勝った金額が多かった場合は最悪脱税とみなされてしまいます。

一時所得の簡単な計算方法というのは【純所得=収入ー支出ー特別控除額/2】という計算式になります。

これを当てはまると10万円でチップを購入したら81万円勝った場合、そこから購入した分の1万円が差し引かれて80万円となります。

80万円から特別控除額の50万円が引かれて30万円となり、その半分の15万円が課税対象となり15万円を支払わなければいけないということになります。

どうしても税金を支払いたくないと言う人はネッテラーをはじめとした海外のデビットカードを利用することをお勧めします。

ネッテラーが非常に分かりやすいのでネッテラーの利用方法を当サイトで紹介しているのでご覧になってください。

関連記事

  1. オンラインカジノの注意点
  2. 適度に利用しよう
  3. 元金が減るリスク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

始め方一覧

  1. サイトを選ぶ

  2. 現金化しよう

ゲームの種類

  1. バカラ

  2. ルーレット

  3. クラップス

  4. スロット

初心者向け記事一覧

  1. 計画的に行う

オンラインカジノゲームの魅力

悪徳業者の特徴記事一覧

大手オンラインカジノ

  1. M88

  2. カジ旅

  3. ベラジョン

オンラインカジノ攻略法

  1. カジノ攻略法

  2. ココモ法

  3. 31システム

  4. 2in1法

  5. パーレー法

利用する注意点

  1. 税金がかかる

優良サイト記事一覧

日本ギャンブル記事一覧

  1. 競馬

  2. 競輪

  3. 競艇

  4. パチンコ

  5. 麻雀

PAGE TOP