オンラインカジノゲームの種類

ブラックジャック

ブラックジャックは日本で最も知られているトランプゲームの一つではないでしょうか?

ブラックジャックのルールを知らないと言う人はあまりいないと思いますが、大まかなルールは知っていても細かいところは良く分からないと言う人もいると思いますので紹介していきたいと思います。

基本ルールとしては21に近づけば勝利と言うものでディーラーと対戦します。

トランプゲームではプレイヤー同士が戦いますが、カジノではディーラーとの戦いになります。

トランプの1~10まではその数字のまま利用できて、絵札と呼ばれるJ・Q・Kはすべて10という扱いになります。そしてA(エース)と呼ばれる数字の1はそのまま数字の1と数えても良いですし、11とカウントしても良くてゲームの流れによって使い分けてもいいのです。

次にゲーム中で使う用語について覚えておきましょう。

○HIT(ヒット):カードを追加して一枚貰うこと。

○STAND(スタンド):カードを使わないで今ある手札で勝負をすると言うこと。

○BUSTED(バースト):「21」を超えてしまって無条件で負けてディーラーの勝負となりること。

○BLACKJACK(ブラックジャック):最初に配られた2枚のカードが10・J・Q・Kのうちどれかであり、もう一枚がA(エース)つまり数字の1が配られた時に21が自動で完成となり勝利が確定となり、ディーラーはプレイヤーに1・5倍のチップが配られます。
※他の数字で21が達成しても1・5倍にはなりませんので気をつけましょう。

ブラックジャック応用編です。
このルールは覚えなくてもブラックジャックを楽しむことは出来ます。

○ダブルダウン
プレイヤーに与えられた権利で最初に配られた手札を見て、次のカードを一枚必ず引くので賭け金を倍にしてくれと言う時に使います。

doubledown

これを宣言したら必ず一枚引かなくてはいけませんし、負けたら通常の倍の金額を払うことになります。勝てば倍となります。

○スピリット
ダブルダウン同様のプレイヤーに与えられた権利で最初に配られたカードが「4・4」と言ったぞろ目の同じ数字だった場合に適用されます。カードを二枚に分けて独立してゲームが出来ます。

split

○サレンダー
降伏を意味します。今の手札では勝てないと思ったら賭け金の半分を支払うので降伏させてほしいと意思を示します。使いどころが肝心ですね。

○インシュランス
ディーラー側がブラックジャックになりそうだなって思ったら適用されます。ディーラー側がブラックジャックの場合対抗できるのがブラックジャックですから勝てる勝率が少ないです。

insurance

そのためゲームの賭け金の半分を支払います。ディーラーがブラックジャックだった場合は負けても金額は動きませんが、ディーラーがブラックジャックではなかった場合そのままディーラーに半分の金額がディーラー側に移りますので注意しましょう。

応用編はゲームに慣れてから利用するのが良いですね。

関連記事

  1. クラップス
  2. ルーレット
  3. バカラ
  4. オンラインカジノゲームの種類
  5. ビデオポーカー
  6. スロット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

始め方一覧

ゲームの種類

利用する注意点

優良サイト記事一覧

初心者向け記事一覧

オンラインカジノゲームの魅力

悪徳業者の特徴記事一覧

日本ギャンブル記事一覧

大手オンラインカジノ

  1. M88

オンラインカジノ攻略法

PAGE TOP